保育士の求人転職・派遣情報ならテンダーラビングケアサービス保育士スタッフ インタビュー No.09 後編|保育士や幼稚園教諭の求人転職、派遣情報ならテンダーラビングケアサービス【東京/神奈川/千葉/埼玉】

保育士スタッフ インタビュー No.09 後編

保育士 高橋先生

テンダーのサポートスタッフとして活躍中。
多くの施設で保育に入り、現場を支えています。

★前編はこちら★



~仕事で困ったときにはどうしていますか?~
 
同じサポートスタッフと連絡を取って、保育のやり方や感想、意見を言い合っています。
それでも上手くいかなければ、園の先生に「いつもどうしていますか?」と相談します。
 
本社で受けた研修も、ためになりました。
5月に入社してから少し経って落ち着いた頃だったのですが、
入社したてで分からなかったこともはっきりしたし、
何が大変だったかなどを聞いてくれたので、
研修のあとはサポートスタッフとして働きやすくなりました。
 
 

~研修内容について教えてください~
 
保育方針・危機管理・サポートスタッフの心得について学びました。
他のサポートスタッフと一緒に研修を受けたのですが、
どんな考えを持って仕事をしているか全員に聞きます。
園長兼任の講師とスタッフ全員で話し合って
「こういうふうにやっていったら良いんじゃない?」とアドバイスをしてくれて、
気持ちが楽になりました。
 
サポートスタッフの心得は…、初めて行くところが多いので、まずは笑顔。
あとは、園ごとにカラーがあるので、先生たちの様子を見ながら
園のカラーに合わせて動くことですね。
 
あんまりこちらから「やっていいですか?」と前に出るようなことはしないです。
リーダーの経験があるから、先生が何をしてほしいかもわかっていますし。
先生たちがやらなければならない仕事も多いので、なるべく雑務を引き受けて、
先生たちをサポートするように手伝っています。
 
 
 
~働きやすさはどうですか?~
 
前職で担任を持っていたときは、「クラスをこうしたい、ああしたい」
「制作はこれとこれをやりたい」と考えることが多く、
家に帰ってもなんだかんだ仕事をしていました。
勤務時間が終わった後も「残ってやっていこう」と遅く帰ってしまったり、
休みの日もあまり休まずに仕事をしてしまったりして…。
 
サポートスタッフになってからは担任を持たないので、心に余裕ができました。
してみたいと思っていることに挑戦することができるし、
友達と会う時間もあるし、リフレッシュできる。今の状況には満足しています。
 
平日に予定があってどうしてもお休みをいただきたいという連絡を本社にしたときは、
担当の方が気持ちよく「大丈夫ですよ」と言ってくださりました。
その分土曜日に出勤して調節するというシフトで、すごく柔軟に対応していただきました。
 
残業は全くなくて、たまに体調不良の先生がいるときに頼まれるくらい。
ほとんど定時で上がらせてもらっています。
 
それに、休憩も本当にしっかり取らせていただいています。
以前は休憩という休憩を取ったことがなくて、昼食は飲むように食べていたのですが、
今はそんなストレスもありません。
休憩中に他の先生たちとお喋りして関係を築くことができるのも、
安心して保育園で働くことができるポイントかなぁと。
 

 
~どんな人が向いていると思いますか?~
 
「子どもが好き」というのも大事ですけど、「人が好き」なことが一番大事。
子どもたちだけを相手に仕事をするわけではないので。
色々な人と出会うことを楽しめる、常に明るく話しかけられる人がいいと思います。
 
 
 
最後まで丁寧にお話ししてくれた高橋先生。
これからもその笑顔で多くの先生たちを支えてください♪